骨盤ショーツ効果

骨盤ショーツは意味あるの?脚痩せ・体型戻しの本当のところ

何かと話題の骨盤ショーツ

骨盤矯正効果があるとされ、「履くだけでダイエットができる」と話題になっています。

しかしなんとなく骨盤がダイエットに大事ということはわかりますが、具体的になぜ良いのかまでは把握していないことが多いですよね。

それにそもそも、

  • 意味あるの
  • 脚痩せ効果はある?
  • 体型戻しに良いの?

そんな疑問も浮かぶかと思います。

そこでここでは、骨盤ショーツの有効性について詳しくまとめてみました

※なんとなく履いて痩せなかった」で終わらないように、しっかりと履く意味を理解しておきましょう。

 

 

骨盤の歪みについて・それによる影響

まずは、骨盤の歪みについてまとめておきます。

骨盤の歪みについて

骨盤は真ん中の仙骨(せんこつ)と左右の腸骨(ちょうこつ)から形成され、各骨の間は頑丈な関節になっています。

その為、簡単には歪むことはありません

しかし、普段の姿勢やクセなどが重なることで少しずつズレが生じ、歪んでいってしまいます。

そして問題なのは、普段の生活くらいではほとんど影響を感じないということ。

結果的に対処が遅れ、体型が崩れへとつながっていきます

 

歪みにくいということは、歪んでしまった後に矯正することも難しいという事です

※西洋医学の中には、「骨盤は動かない」とする考えもあるようです。対する東洋医学では、「動いて当たり前」と考えられています。

 

歪みによる影響について

骨盤は背骨の土台となる場所です。

また内臓をつかさどる自律神経系も集中しているため、いわゆる代謝機能ともかかわっています。

その為姿勢に大きな影響を与え、背骨が丸くなったたい首が前に出たり、最近はやりのストレートネックなどとも関係してきます

こう見ると、骨盤矯正で肩こりや腰痛が軽減する理由もなんとなくわかりますよね。

また骨盤は内臓にも影響を与えているため、歪みから便秘気味になったり、生理痛が増強、また冷え性が進んでしまったりもします

※このように、姿勢の面でも内臓の面でも大切な場所になので、しっかりケアしていくことが大切になります。

 

 

 

骨盤ショーツの効果を活かすには?

骨盤ショーツを履くだけで骨盤の歪みが矯正されることはなく、圧縮が加わるだけです。

では何が大切かというと、「運動」を組み合わせることです。

骨盤を外力により動かそうとする場合、かなりのテクニックや力が必要になります。

しかし自分で足を動かしたりした場合は、比較的容易に動いてくれることが特徴です。

普段の歩く、立ち上がる、階段を上る、そんな些細な運動を組み合わせていくことがポイントになります。

※よく「履くだけ」という表現を聞きますが、「日常生活の中で履くだけ」というのが本当のところかと思います。

 

 

 

骨盤ショーツの効果とは?

ここまでを参考にして、骨盤ショーツに期待できる効果をチェックしていきましょう。

 

ダイエット効果

まず、骨盤は基礎代謝にかかわると言われています。

確かに内臓系の神経が集中していることから、少なからず影響している部分もあるかもしれません。

しかし実際は、以下のような作用が期待できるため、結果的にダイエットにつながっているといえます。

①腹筋をバランスよく使えるようになる

骨盤は体幹の安定性に関わる場所です。

また腹筋が付着している場所でもあるので、骨盤ショーツによりその部分が安定することで、お腹の筋肉が働きやすくなる効果が期待できます。

その結果、ウエストのサイズダウンにつながっていきます

 

②太ももの筋肉をリラックス⇒脚痩せ

よく骨盤が開いた体型だったり、太ももが外にはみ出した体型に悩まれている方がいらっしゃいます。

この場合は、脂肪というよりも筋肉に原因があることが多く、太ももの筋肉が緊張して張り出している状態です

骨盤の安定性が低下した場合、他の部分で体を支える必要があり、補うために太ももの筋肉を使うようになるということですね。

その結果、どんな場面でも力が入るようになってしまい、パンパンの脚が出来上がってしまうというわけです

骨盤ショーツで安定性が向上することで、自然と脚への負担が減り、ハリが落ち着いていきます。

 

③姿勢改善

骨盤は背骨の土台になる場所。

その部分が不安定な場合、背骨も不安定になります。

そしてその結果姿勢が丸くなったり、肩に力が入っていしまいます。

骨盤ショーツにより骨盤が安定すれば、力まず綺麗な姿勢がスッととれるようになることもあり、お腹のぜい肉などが目立たなくなります


骨盤ショーツのダイエット効果は、このような理由によって現れていると言っても良いでしょう。

 

 

肩こり腰痛軽減

繰り返いになりますが、骨盤は背骨の土台です。

安定させてあげることで楽な姿勢をとることができ、腰や肩の力が抜けていくことが多いです。

 

生理痛軽減

骨盤ショーツの口コミをチェックしていると、「楽になった」というコメントが多く残されています。

骨盤内には子宮にかかわる神経も存在しているので、歪みが整うことで落ち着く効果が期待できそうですね。

 

産後の体型戻し

出産に伴って骨盤は緩み、広がっていきます。

そして産後6ヶ月を目途に、元の固さの戻っていきます。

産後間もない時期は骨盤がゆるくなっているので、歪みやすく、修正しやすい時期。

産後の体型に悩みたくない方は、この間にしっかりケアをしておくことが大切です

過度な運動ができなかったり、整体などに行く余裕もない方がほとんどかと思うので、そこで骨盤ショーツが登場するということですね。

 

その他の作用

骨盤ショーツにはその他にも…

  • 着やせ効果で体型補正:お尻のラインをキレイにしてくれる
  • 締め付けにより骨盤周りのむくみ防止
  • 締め付けにより食欲を抑える
  • 「骨盤ショーツを履いている」ということから、ダイエットしている自覚が常にもてる

このような効果やメリットが期待できます。

※人気の骨盤ショーツについて、詳しくまとめられているサイトがありました。

こちらも参考にしてみてください。

人気の骨盤ショーツの詳細はこちら

 

 

 

履き方について

基本的に、骨盤ショーツは毎日履き続けることに意味があります。

その為に日中は、履き続けるようにしましょう

また「夜は血行不良が心配」という声が多いので、着用するのであれば緩めのものや、夜用のものを使用するようにしましょう。

※食い込みやきつさを我慢しながら履くのもよくありません。心地よい締め付けを感じる程度がオススメです。

 

また「生理が楽になった」という声もありますが、生理中は骨盤がわずかに開閉運動をしています。

これは経血を流す動きと言われているので、締め付けの強いショーツの着用は控えるべきです。

緩めのものを選ぶか、この時期の着用は中止するようにしましょう

 

そして産後の骨盤ショーツ開始時期に関しては、「矯正」を目的とする場合は、検診で医師に相談してから始めるのが安心です

焦らなくても、産後6ヶ月までは整えていくチャンスがあります。

体の回復具合を見ながら、無理せず取り組んでいくことが大切です。

 

 

 

骨盤ショーツの選び方

骨盤ショーツは履き続けることが大切になるので、どんなサイズを選ぶのかが大切になります。

簡単なチェックポイントをまとめておきますので、よければ参考にしてください。

サイズ選びのポイント

骨盤ショーツの多くは、ヒップサイズを参考に選ぶことになります。

しかし丈が浅いタイプの場合、お尻が入ってもお腹のお肉がはみ出るケースも少なくありません

また足が長い方の場合、お股の食い込みも気になります

ヒップサイズは丁度良くても体型が気になる場合は、ワンサイズ上を選ぶことがオススメです。

 

着やせ効果があるものが良い

ダイエットは、モチベーションとの勝負という部分もあります。

その為、履いた瞬間から変化が実感できるものを選ぶことも大切です。

体型補正下着で将来のスタイルを相乗しながら、楽しくダイエットができると良いですね。

 

履いた瞬間の印象を大切に

骨盤がしっかり支えられていると、履いた瞬間に「腰が楽」、「良い姿勢が楽にとれる」そんな変化が実感できることが多いです。

もし、いくつも骨盤ショーツを持っている場合は、履いてみた第一印象を大切にしてみると良いかもしれません。

※長期間履いたのに効果なし…。というのは悲しいので。

 


万一にサイズ選びに失敗してしまった場合は、食い込む部分などに黒ずみができてしまうこともあります。

可能であれば別のサイズに交換するか、またボディクリームなどで摩擦を軽減してあげるというのも対策の1つです。

 

 

 

まとめ

ダイエットはつらいものという印象があるので、「履くだけで痩せられる」と聞くと、ついつい飛びついてしまいますよね。

しかし現実はそこまで甘くありません。

しっかりとサイズに合ったものを履き続け、姿勢や筋肉の張り具合など、体の変化に少しずつ気付いていく先にダイエット効果が待っています

骨盤ショーツは、上手に使えば優秀なアイテムです。

検討されている方は、こちらでまとめさせていただいたことを、よければ少しだけ参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。