骨盤ショーツ効果

「履くと痛い!」骨盤ショーツのサイズ選びイロハ

履くだけで骨盤を整えてくれる骨盤ショーツ

そのお手軽さから、最近話題になっているようです。

しかし一方で問題もあり、それはサイズ選びの難しさです。

規定のサイズに合わせて選んでいるにも関わらず、「お股が痛い」、「お腹に食い込む」そんな声もちらほらと聞かれます。

そこでここでは、骨盤ショーツのサイズ選びのコツを簡単にまとめてみました。

 

 

骨盤ショーツ:サイズを選ぶ2つのコツ

骨盤ショーツの多くは、S・M・L・LLとサイズがわかれているものが多く、そのほとんどがヒップサイズを参考に選ぶようになっています。

しかしここに少し落とし穴があるんです…。

 

コツ①:お腹のお肉を考慮する

よくあるサイズ選びの失敗例の1つに、「お腹のお肉が食い込む」ということがあります。

これはヒップサイズは規定通りでも、お腹が少し出ているために起こる現象です

その為体型が少し心配な方は、1つ上のサイズを選んでおくと良いかと思います。

また骨盤ショーツの中には、ウエストサイズまでハッキリ書かれたものもあります。

心配な方は、ヒップとウエストの両方が表記されているものを選ぶのが良いでしょう。

 

コツ②:お股が食い込む

お股の食い込みは、下半身太り体型の方によくみられます。

お腹と同様、お尻は何とか収まっても、太ももが太いため「食い込んで痛い」となってしまうんですね

この場合も、ワンサイズ上のものを選んでおくのがオススメです。

また身長が高かったり足が長い場合は、よりショーツを上まで上げなければいけません。

その為食い込みが気になることも多いので、そのような体型の方もサイズを考慮するのが良いでしょう。


食い込みが気になるもう1つのポイントとして、運動をする方に多いです。

というのも、大股歩きや階段の昇り降りが多い方などは、そのたびにショーツの縁が上がってきてしまいます。

不快感があっても簡単には治せない部分なので、生活様式によって考えるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

どうしても食い込んで痛い。そんな時は。

 

どうしても食い込んで気になる場合は、メーカーに返品や交換の希望を伝えてみるのも1つです

下着という性質上、一度履いてしまったものはなかなか返品できませんが、骨盤ショーツは複数枚セットで販売していることも多いです。

セット購入した場合は未開封のものを交換してくれるところもあるので、検討されてみてはいかがでしょうか。

 

また骨盤ショーツはレース生地のものが多いので、こすれるような摩擦が気になることもあるかと思います。

その場合は、1枚履きタイプのものであれば普段の下着を先に履いてみるのも1つです

ショーツと地肌が触れる部分を減らしてくれるので、違和感・不快感の軽減につながるかもしれません。


※摩擦刺激はメラニン色素の生成を促し、黒ずみやシミの原因にもなります。

ボディクリームなどをお持ちの場合は、取り入れてみるのも良いでしょう。

 

 

まとめ

履くことでダイエットが期待できる骨盤ショーツにもかかわらず、「痛いから履けない」となってしまってはダイエットもできません。

少しでも気持ちよくダイエットに励めるよう、慎重なサイズ選びをされてみてはいかがでしょうか。

 

また、商品によって食い込みや締め付け方が違うものも多いです。

各商品の悪い口コミには、「履き心地に関するデメリット」がかかれていることが多いので、参考にしてみてると良いかと思います。

 

※サイズ選びに成功して、ダイエットを成功させましょう!

 

 

関連記事

骨盤ショーツは意味あるの?脚痩せ・体型戻しの効果